今話題となっているトピックをご紹介!

教えてトピック

あなたの「知りたい!」がきっとここにある



水曜日のカンパネラのライブで鹿の解体が行われると聞いたのですが。

   | 

水曜日のカンパネラというバンドグループが2月26日放送のミュージックステーションに出演することが決まったそうですね。

それで、水曜日のカンパネラって初めて聞いたものですから、気になってネットでちょっと調べてみたんですよ。

そしたら 「鹿の解体」 ってキーワードが出てきたんですが、これは一体?

http://rarememory.justhpbs.jp/sika2/sika2.html

水カンはライブで鹿の解体ショウをすることがあるのさ。

解体は水カンの歌唱を担当するコムアイさんとその師匠である佐野さんによって行われる。

解体中は二人のトークがあるんだけど、鹿猟についての話や肉の部位についてのうんちくが聞けてなかなか面白いんだぜ。

あ、水曜日のカンパネラって 「水カン」 って略して言うのですね。勉強になります。

それにしても、なんで鹿の解体なんてするんでしょうか?

たしかKANA-BOONというグループがマグロの解体をしたことがあるというのは聞いたことはあるのですが。

 

それについてはOTOTOYっていうページでコムアイさんのインタビュー記事が載っていたから、そこから引用するぜ。

伝えたいのは神秘的なこととかじゃなくて、食べ物ってこうできているんですよてことでもなくて、違和感を感じてほしいってことなんです。かわいくて、かわいそうで、でもそれがおいしい、っていうのが違和感じゃないですか。生きている獣と食べられる獣の境目みたいなものが、しこりみたいに残っているんですけど、それを感じてほしいっていう気持ちはあります。あとは単純においしく食べてほしい。興味が湧いてほしいからやっている。

http://sixmoment.com/%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%82%A2%E...

なるほど。まったくわかりません。

つまり、普段俺たちは何も考えずに「食べる」という行動をとっているけど、その食べられる物に意識を向けてみようよってことを言いたいんじゃないのか?たぶん。

他に聞きたいことは?

解体するところは見たくないってお客さんがいたらどうするんですか?

ライブは中止になってしまうのですか?

ライブの告知の時点でイベントのことは伝えているから、血は苦手だ! という人はそもそも来ないと思う。

もし、それを知らずに会場に来てしまっていても、解体する前にアナウンスが入るから、見たくない人は後ろの方に下がって休んでいることも可能だ。

なるほど。それなら安心ですね。

ところで、食用肉にされた鹿さんはお客さんに振る舞われるのですか?

 

http://www.e-shikaniku.com/recipe.html

いや、食品衛生法の関係でその肉はすぐに食べることはできないそうだ。

でも、ライブ会場では鹿肉カレーや鹿肉うどんが売り出されているから、それを買って食べることはできる。

ちなみに値段は700円くらいだったはず。

食べた人の感想では意外と臭みはないそうで、ラム肉に似ていたとのこと。

 

へぇ。普段は滅多に食べられないでしょうから、どんな味なのか一度経験してみるのもいいかもしれませんね。

こういう肉のことを確か 「ジビエ」 っていうんですよね。

ヨーロッパでは貴族しか口に出来なかったジビエ料理を700円で体験できる幸せ。

もし、鹿の解体のほうにも興味があるなら、コムアイさんが主催する「鹿の解体ツアー」に参加してみるのもいいかもな。

ただ、鹿を含む鳥獣の狩猟期間は一般的に11月半ばから2月半ばまでだから、しばらくはツアーの開催はないかもしれないが。

もちろん、ライブでの解体ショーもおあずけだ。

 

 

 

 

 

 

冬期限定のイベントということでしょうか。

そういえば、ネット上では「水カン、Mステで鹿の解体かw」みたいな声もあるようですが。

時期的にはあり得るけど、もし実演したらお茶の間が凍りつくだろそれ。

BPO(放送倫理・番組向上機構)がだまってないぞ。

ないない。

まぁそうですよね。

せっかくですから、一度見てみたいと思ったのですが。

でも、水カンならひょっとすると。。。!

ない。

ですよね~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。