今話題となっているトピックをご紹介!

教えてトピック

あなたの「知りたい!」がきっとここにある



【大リーグ挑戦】佐野川リョウ投手ナックル習得の秘話

最終更新日: 2016年03月18日
   | 
以下、プロジェクトX風でお送りします。
 
慶応大4年の佐野川リョウの夢は大リーガーになることだ。

その夢を叶えるため彼は今、アリゾナ州で開かれている合同トライアウトに参加している。

周りにいるのは大柄で体格的に恵まれた選手ばかり。

その中でプレーする佐野川リョウは一回り小さく見える。

彼を笑う者もいるかもしれない。その小さな体でメジャーリーガーを目指すのか?と。

しかし彼が一度マウンドに立てば、場は静まり返ることになるだろう。

佐野川リョウの投じる魔球によって。
 
その魔球とはナックルボール。

球速は100キロそこそこではあるが、驚くべきはその変化の仕方だ。

無回転で投じられるボールは、空気抵抗を受けて不規則に変化する。

よく言われるのは「左右にぶれるように揺れながら落ちる。」

しかし、佐野川が投じるナックルボールは従来のものとは質が違った。

彼と対峙したバッターに言わせれば、「大きく曲がることもあるし、急に伸びてくることもある。予測ができない。」

佐野川はいかにしてその魔球を身につけたのか。
佐野川リョウがナックルボールを習得するきっかけとなったのは、中学1年の時にティム・ウェイクフィールドのビデオを見たことだ。(追記にてティム・ウェイクフィールドの解説あり)

当時佐野川は投手志望でありながら、身体つきが小さかったため内野手を務めていた。

そんな彼にとって、ティム・ウェイクフィールドの投じるナックルボールが次々と打者を打ち取る様は衝撃だった。

「この球を覚えることができれば。。。」

その日から佐野川リョウの猛特訓の日々が始まったのだ。
 
 
まず苦労したのは球の握り方だった。教本通りやってはみるものの、うまくいかない。

当時彼の周りにナックルボールを扱える者はなく、独学で習得するほかなかったのだ。

誰にもアドバイスをもらえない状況で、試行錯誤は続いた。

そしてある時彼は気づく。

「自分のやりやすいやり方でいいのではないか?」と。

セオリーに囚われないやり方、それが佐野川リョウにとって活路となった。

そして3年の月日が経ち、佐野川リョウのナックルボールが完成した。
 
そして現在、アメリカの地で佐野川リョウは戦っている。

かつて憧れたメジャーリーガーになるために。

彼のナックルボールが世界を騒がすのもそう遠い日ではないのかもしれない。
 
そして彼はその時こう呼ばれることになるだろう。
 
ティム・ウェイクフィールドの再来と。

※追記

ティム・ウェイクフィールドはナックルボールを武器にメジャー通算200勝を挙げた投手。主にボストン・レッドソックスでプレイした。

彼の投じるナックルボールの球速は120kmほどだったという。

しかし専属の捕手を必要とするほど、彼の球は不規則に変化したようだ。

 

 

http://akaiakina.diarynote.jp/201202181703082986/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。