今話題となっているトピックをご紹介!

教えてトピック

あなたの「知りたい!」がきっとここにある



ブータン国王と王妃の間にいつ子供が生まれたの?性別や名前は?

   | 

どうも、管理人のけんちゃんです^^

 

最近、当サイトのブータン国王と王妃の馴れ初めについて書いた記事がよく読まれているようなので、お二人の子供に関する記事を書いてみました。

 

もし、よろしければ最後までお付き合いください。

ブータン王国にとって、そしてブータン国王夫妻にとって待望の子供が生まれたのは、2016年2月5日のことでした。

 

王妃出産のニュースは日本でも大きく取り上げられて、ネット上では祝福の声が上がっていました。

 

以下ツイッター上での反応(↓)

 

王妃は、ブータン首都のティンプーの王宮の中で出産し、そこには国王も立ち会っていたそうです。それほど、王妃のことを心配していたのでしょうね。日本だと、旦那さんが奥さんの出産に立ち会うのは希ですよね。

 

スポンサーリンク

子供の性別や名前は?

今回生まれた子供は男の子であるとブータン王室から発表がなされています。

 

国の跡継ぎを生まなければならないというプレッシャーの中での出産だったと思うので、男児が生まれて王妃はすごく喜ばれたことでしょう。

 

生後2週間の頃の写真がフェイスブックで披露されていたので、画像を載せておきます。(↓)

気になる子供の名前についてなんですが、残念ながら今のところ情報はありません。

 

いずれまたブータン国王夫妻が来日される日があると思いますので、その時子供が大きくなっていれば、名前が明らかになることでしょう。

子供の両親について

せっかくなので、ブータン国王と王妃のことも紹介しておきましょう。

 

ブータン国王の名前はジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクと言います。

aaa

 

1980年2月21日生まれで、現在36歳。とても若い国王ですね。

 

政治学修士の学位(オックスフォード大学モードリン・カレッジ)の学位をもっていて、とても博識な方として有名です。

 

王妃と結婚したのは2011年10月13日でした。二人の馴れ初めについては別の記事で紹介していますので、そこをご覧ください。→ 「ブータン国王と王妃のなれそめとは?」

 

一方、王妃の名前はジェツエン・ペマ・ワンチュクといいます。

bhutan3

1990年6月4日生まれの25歳。国王とは10歳も歳の差があります。

 

王妃の父親は元パイロット、母親は王室に連なる名家の出身の方のようですね。

 

ペマ王妃も国王と同じように博識の方で、ゾンガ語・英語・ヒンディー語を喋れるなど語学に精通しているようですね。

 

ネット上ではよく綺麗な方だと話題になります。国王が羨ましいですね^^

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、ブータン国王と王妃の子供についてご紹介しました。

 

ブータン国王夫妻が次に来日される際はぜひ子供も一緒に来てもらいたいですよね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。