今話題となっているトピックをご紹介!

教えてトピック

あなたの「知りたい!」がきっとここにある



バドミントンの桃田賢斗が闇カジノで賭博!始球式を務めたばかり

最終更新日: 2016年04月11日
   | 

バドミントンの桃田賢斗選手が闇カジノでの賭博行為を行っていたことを認めました。

 

この賭博行為には桃田選手と同じNTT東日本に所属している田児賢一選手も関わっていたとされており、今後NTT東日本による内部調査が続けられる模様です。

  • 名前:桃田賢斗←「賢斗」という名前は『スーパーマン』の主人公クラーク・ケントからきているそうです。
  • 生年月日:1994年9月1日
  • 出身:日本・香川県三豊郡三野町
  • 身長:175cm
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:福島県立富岡高等学校

 

桃田賢斗選手がバドミントンを始めたきっかけは、小学校1年生の頃に、姉が所属していたバドミントンチームのコーチから誘われたことでした。

 

小学校6年生の頃に全国小学生選手権シングルスで優勝。また第五回日本バドミントンジュニアグランプリでは香川県チームの一員として出場し、団体優勝に大きく貢献しています。

 

中学3年生の頃には全日本総合選手権の予選に出場するのですが、なんと男子中学生がこの大会に出場するのは史上初めてのことだったそうです。この頃からすでにずば抜けた実力をもっていたのでしょうね。

 

高校進学後も数々の大会に出場し、高校2年生の時には世界ジュニア選手権シングルスで銅メダルを獲得。

 

高校3年生となった2012年にはアジアユース選手権男子シングルスで金メダル獲得。インターハイ男子シングルスで初優勝。世界ジュニア選手権男子シングルスで日本勢初となる優勝を飾るなど大いに活躍し、世界ランク50位となります。

 

高校卒業後はNTT東日本に入社し、数々の国際大会で好成績を残していきます。

 

現在は世界ランク4位世界ランキング2位(4月7日付け)にランクされており、今年行われるリオデジャネイロ五輪の日本代表入りが確実と言われていました。

スポンサーリンク

闇カジノ店での賭博行為の様子

桃田賢斗選手は田児賢一選手から誘われる形で、闇カジノでの賭博行為に参加していたそうです。時期としては2014年12月頃。

 

この闇カジノの店は東京都墨田区にある雑居ビルの9階にあったそうです。

 

店の名前は明らかになっていませんが、どうやら3ヶ月単位で場所を移していたらしく、常連客もいるほどの人気店だったみたいです。

 

営業時間は24時間のフルタイムで、警察からの摘発を免れるために雑居ビルのエレベーターは8階までしか止まらないように細工をしていたといいます。闇カジノの入り口には監視カメラを設置、さらには来店した客は必ず免許証などでの身分証明を行い、顔と名前を確認してから入店させていたようです。

 

桃田選手と田児選手は練習帰りのジャージ姿で来店することが多く、毎回の掛け金は数万円~数十万円ほどだったそうです。多い時には100万円単位でかけることも・・・。

 

バドミントンの腕はあっても賭け事は弱かったのか、1000万ほど負けていたそうですね。

 

※追記

桃田選手は合計6回程度墨田区の裏カジノ店に行っていたそうです。また、以前から海外遠征に行った際に合法カジノ店に出入りするクセがついていて、それを見かねたバドミントン協会関係者が2年ほど前に口頭で注意したことがあったようです。ちなみに、桃田選手が去年稼いだ賞金は2750万円とのこと。この高額の賞金がカジノに使われてしまっていたのですね。

 

また、桃田選手は違法カジノにハマりだした頃から、キャバクラやパチンコ店に通うなど私生活が乱れていたようです。恩師である香川バドミントンスクールの吉川和孝氏が注意しても改善はみられなかったようですね。

桃田賢斗選手は開幕戦で始球式を務めていた

桃田賢斗選手は3月25日に、開幕戦である巨人対ヤクルト戦で始球式を行っていました。

 

桃田選手は小学生の頃にソフトボールで投手をやっていたことがあり、始球式でもなかなか良い投球を見せていたようです。

始球式後は、憧れだったという巨人の高橋由伸監督から「バドミントン選手として頑張ってね」と声をかけられていたらしく、そのことを周りに興奮気味に話していたようです。

 

今回の桃田選手による賭博行為発覚のニュースを高橋監督はどのような思いで見ているでしょうか・・・。

 

関連記事→同じく賭博行為に関わっていた田児賢一選手についてはこちらの記事から。「田児選手が闇カジノで引退危機!?」

闇カジノの代償-桃田賢斗選手は無期限の競技会出場停止

4月10日に桃田賢斗選手についての処分が決定されました。

 

日本バドミントン協会の発表によれば、桃田選手は日本代表選手の指定解除と無期限の競技会出場停止となったようです。

 

これにより、今年開かれるリオデジャネイロ五輪への出場は見送られる形となりました。

 

ただ、2020年に開かれる東京五輪への出場については、まだ可能生が残されているようです。

 

桃田選手は今後、日本バドミントン協会による更正プログラムを受けることになりそうです。また、所属しているNTT東日本からはボランティア活動をさせたいという意見がでているそうですから、NTT東日本からの退社ということはなさそうですね。

 

※追記

NTT東日本が11日に賭博行為に関わった社員の処分を発表し、桃田選手は「出勤停止30日」となりました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。