今話題となっているトピックをご紹介!

教えてトピック

あなたの「知りたい!」がきっとここにある



デパ地下のさと婆逮捕へ。スリ歴60年!実は資産家?

最終更新日: 2016年03月30日
   | 

「デパ地下のさと婆」と捜査員の間で呼ばれていたスリの常習犯の女が逮捕されたようですね。容疑は窃盗。18日に上野駅で買い物客の女性から現金4.000円が入った財布をかすめ取ろうといた疑いがもたれています。

捜査員の間では、過去に逮捕されたスリ師の中で特徴的な犯行の傾向がある者に通称をつけるようですね。

 

例えば、話しかけて気をそらせてからスリをする「声かけのタマちゃん」や、地下鉄の電車内やホームで眠りこけている人を狙う「地下鉄のマサ」などですね。他にもいるようなので、気になる方はwikiを覗いてみましょう。こちらから「スリ師の一覧」

 

今回逮捕された「デパ地下のさと婆」は、その名の通り、デパート地下の食料品売り場にいる買い物客を狙うことから名付けられたようです。ちなみに本名は「神山さと」というそうで、年は83歳とのこと。スリ歴は60年にも及ぶそうですから、捜査員の間ではかなり有名な人だったようですね。

 

逮捕歴は意外に少なく二十数回ほどで、かなり「やり手」のスリ師だったみたいです。

 

また、結婚もしていて孫までいるそうですよ。家族の人達は今回のニュースを見て呆れているのか、悲しんでいるのか・・・。

「デパ地下のさと婆」は実は資産家?

神山さと容疑者は、30代の頃に土地を手に入れていて、60歳の頃には鉄筋3階建てのアパートを建てたそうです。ここに息子夫婦や孫を住まわせて、空いている部屋を貸し出して家賃収入を得ていたそうですね。案外資産家だったのでしょうか。

 

近所の飲み屋などに顔を出した際も、飲食代をツケにすることもなかったとのこと。その時支払いに使われたのは「家賃収入で得たお金」だったのか、それとも「スリで得たお金」だったのかはわかりませんが、お金に困っているそぶりは見せたことがなかったようですね。

 

今回犯行に及んだ理由について神山さと容疑者は、

「お金がほしかった。財布を見るととりたくなった。とれる確信があった」

と話しているようですので、おそらく長年のスリ歴によるクセが抑えきれずに犯行に及んだものと考えられます。こういった傾向は、多くのスリ師に見られるようですね。人混みの中にいる際は、気を抜けないということでしょうか。読者の皆さんも気をつけるようにしましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。